2017年06月29日

暑くなってきましたね・・・。ユッパは体臭が気になるお年頃。

6月ももうすぐ終わり・・・。日に日に気温が上がり、寝苦しい季節へとなってきましたね。今は梅雨時なので、雨さえ降っていれば多少は涼しく感じますが、雨が上がると今度はむしむし・・・ユッパの家は山奥の秘境なので、下界に比べれば涼しいといえば涼しいのですが、それでも暑いです。何年か前から検討しているエアコンを購入しようか悩んでいます。

・・・と、前置きが長くなりましたが、暑くなってくると薄着になってきますよね?男性も女性もTシャツやタンクトップ1枚など、極力面積の少ない服を選んで外出する機会が増えると思います。しかし、どれだけ涼しげな服を着ても、じわじわとにじみ出てくる汗・・・。汗だけなら拭けば済むことなのですが、汗には「臭い」がつきものです。自分1人だけなら我慢すればよいかもしれませんが、外に出ればどうしても人に自分の臭いを嗅がせてしまうことになります。「そんなん気にしてるなんてナルシスト?」と思うかもしれませんが、嫌な臭いって思っている以上に不快なんですよね。

そこで今回は、体臭の気になるお年頃のユッパの汗や臭い対策についてお話してみようと思います。ユッパは自分の臭いに敏感なので、色んなものを試してきました。市販されている対策グッズを全部試したわけではありませんが、効果の高かったものを覚書程度に綴ってみますね。

汗対策はふき取りシート!

ちょっと暑くなってくると、すぐに噴き出す汗。ユッパは汗っかきなので、しばらく歩いていると顔がテッカテカ・・・。そこで登場するのが「ふき取りシート」です。各社いろんなものを販売していますが、ユッパは枚数が多く大判サイズのものを使用しています。効果や成分は特に気にしていませんが、暑い時にはクールダウン系のシートがいいかもしれません。ユッパは1日に何枚も使用するので、とにかく量が多くて価格が安いものを選んでいます。

臭い対策は制汗スプレーだった・・・

汗よりも気になってしまう臭い対策は、ずっと「制汗スプレー」を使用していました。消臭性能の高いスプレーを選んでいましたが、時間が経つにつれ不快な臭いが強くなってきます。それだけユッパが「くさい」ということですね。臭いを感じるたびにスプレーを振り撒いていましたが、肌の弱いユッパはすぐに肌がボロボロになりました。何かいいものはないだろうかと薬局でぶらついていると目に飛び込んできた「塗るタイプ」の制汗剤。
塗るタイプの制汗剤は昔使っていましたが、イマイチ効果を実感できずに使わなくなっていったんですよね。でも、あれから十数年経った今、技術も進歩して種類が豊富になってきたので、もしかしたらイケるかもと期待して購入してみました。

購入したのはロート製薬「De/Ou」

「朝塗ったら夜まで臭わない」なんてキャッチコピーに惹かれて購入しましたが、実は半信半疑でした。まぁ、でも半日持てばいいかなと思って先日使用してみたらビックリ!朝塗ってからお風呂に入るまで全く臭わないんですよ。汗のかき具合にもよると思いますが、ユッパの1日では十分すぎるほどの効果が得られました。宣伝するつもりは全くありませんが、もし現在臭いに困っていて、何かお探しの方はぜひ試してみてください。少なくともユッパには効果てきめんでした。

番外編 対策アイテムはカバンに入れて持ち歩く!

男性って基本的に、携帯、車の鍵、財布くらいしか持ち歩かない印象がありました。ユッパも3年位前までそんな感じでした。最近では、男性もカバンを持ち歩いており、いろいろな物を入れていますよね。対策アイテムは、かさばる物が多いし、いつ使いたくなるか分からないのでカバンを持ち歩く癖をつけておくといいと思います。

今回は、料理の話から逸れて、季節の話題をしてみました。これからどんどん暑くなっていくと思いますので、汗や臭いの対策をして、自分も人にも不快な思いをさせないように努めていきましょう。
posted by ユッパ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

HAPPY BIRTHDAY!Dear愛息子♪

1年で1番大切な日がやってきました。ユッパの名前の由来にもなった三男坊の誕生日です。産まれた当初は色々とあったので、この子は長生きできないんじゃないかと思ったりもしましたが、気付けば早9歳!ユッパも嫁ちゃんも年を取るわけだ・・・。三男坊が生まれた時、本当に色々とあったもので、ユッパと嫁ちゃんは気が気じゃありませんでした。このお話はいつかしようと思います。では、今回はユッパ家一大イベントである三男坊の誕生日のお話です。特に大それたこともしていませんが、少しの間お付き合いください。

毎年悩むプレゼント選び

子供の誕生日を迎えるにあたって、親として悩むのはプレゼント選びではないでしょうか?年齢も徐々に上がってきてやれることが増えてくると、より一層悩むことと思います。ウチの三男坊は、兄弟と年齢が離れているせいか、同学年の他の子に比べてちょっと進んでいます。保育園の頃とか、みんながアンパンマンとかにハマっている中、銀魂やナルト、フェアリーテールなど、小学生高学年くらいから読み出しそうな漫画を好んでいました。そのせいで保育士さんからは「もっと子供が楽しめそうなものを見せてあげてください!」なんて怒られることも・・・。

そんなこともあって三男坊のプレゼントは本当に困りました。このくらいの年の子にはゲームでもあげておけばいいんじゃないかと思ったんですが、いつもすぐに飽きて床に捨てられているのでゲームは却下。実際以前に3DSを与えた時は、3日くらいで床と同化していました。

色々悩んだ挙句、ウチに使っていないパソコンがあったので、そちらをあげることにしました。本人曰く「Youtube」を見るそうです。ユッパたちも時代が違えば、こんなことを言う子供になってたんでしょうかね。今年は安く済みましたが、来年は更にハードルが上がっているので、次の誕生日が訪れることに怯えています。

ケーキはユッパ特製チーズケーキ

誰かの誕生日になると毎回任されるケーキ作り。ケーキ屋さんで買ってお祝いってのもいいんですが、家族曰くケーキ屋さんのケーキは高いだけで美味しくない!とのこと。なので毎回ユッパが作っています。難しいケーキはウチの設備じゃ無理なので簡単なチーズケーキだけです・・・。ちなみに嫁ちゃんはチーズケーキがあまり好きではないので、焼く前段階のレアチーズをお渡ししています。

ユッパのウチは社会人から高校生、小学生と幅広い年齢層の子供たちが居るので、基本的に誕生日会は土日にやるのですが、ケーキだけは当日に作って食べます。やはり子供のうちはケーキ食べたいですからね。口の周りに食べカス付けながら食べる姿は行儀が悪いと思いながらも可愛いですね。なんでも許しちゃうくらいのいい笑顔をします。後でしっかり叱りますがね。

ユッパのキャラメルチーズケーキレシピ

材料・・・クリームチーズ200g、砂糖80g、卵2個、小麦粉10g、生クリーム200㏄、キャラメル5個、レモン汁適量

作り方

1.クリームチーズを滑らかになるまで混ぜます。(事前に常温に戻しておくと楽です。急な場合はレンジで30秒ほどチン!)
2.砂糖を少しずつ加えながらクリームチーズと混ぜ合わせます。
3.卵を卵黄と卵白に分け、卵黄とレモン汁をクリームチーズに入れて混ぜます。
4.生クリームを少しずつクリームチーズに入れて全量混ぜます。
5.卵白に砂糖を少し入れメレンゲを作ります。(しっかり角が立つまで)
6.クリームチーズにメレンゲを入れて、潰さないようにさっくり混ぜます。
7.型に流し入れ、小さめに切ったキャラメルを適当に散らし、空気を抜くため少し高いところから落とします。
8.170℃のオーブンで40分焼きます。
9.粗熱を取り、ある程度冷えたら冷蔵庫で数時間冷やします。(5時間以上推奨)

ユッパのチーズケーキは大体こんな感じです。その時々でビスケットで土台を作ったり、デコレーションをしたりしますが、今年はこの作り方で作りました。簡単に作れて、ちょっとアレンジしたら味も見た目も変えられるユッパお得意のチーズケーキの作り方、まだ作ったことがない方は本当に簡単なので試してみてくださいね。
posted by ユッパ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ユッパが結婚してから、今もなお料理を続けている理由・・・

以前にユッパの料理との出会いや料理が趣味というお話をしましたが、結婚して仕事もしているのに、なぜ料理を続けているのでしょうか?(別に料理は女性の仕事と思っているわけではないですよ。)一時しなくなった時もありましたが、今は普通にするようになっています。それには、深い深い理由があったのです。今回はその理由についてお話していこうと思います。

ユッパの毎日の料理は嫁ちゃんの妊娠がきっかけ

タイトル通りなんですが、女性は妊娠すると「悪阻(つわり)」を引き起こしますよね。人それぞれ程度は違うと思いますが、ウチの嫁ちゃんの悪阻は凄まじく、ご飯の炊けた匂いや調味料のちょっとした匂いも敏感に感じてしまい、料理を作れる状態ではありませんでした。それを見かねたユッパが「これからはユッパが作るよ」と言って作り始めたのがきっかけです。

嫁ちゃんの料理より評価が高かった!?

ユッパは嫁ちゃんの料理が好きなのですが、子供たち的にはユッパの料理の方が良かったみたいです。作るものにもよるとは思いますが、「ユッパの料理の方が美味しい」と言われ、それを聞いた嫁ちゃんが「もう作らん!」と言って本当に作らなくなりました。ユッパ的には嫁ちゃんのご飯も食べたいんだけどなぁ・・・。

意外とめんどくさい毎日の献立

ユッパ家は現在でこそ8人家族ですが、当時は6人家族でした。小中学生の子供が4人いるというのは、かなり厳しいもので、料理もさることながら量も気にしなければいけません。今はスマホで調べれば簡単に色んなレシピを見ることができますが、あの頃はガラケーが主流で今ほど充実したものはありませんでしたよね?実家の母親や職場のお姉さま方に聞いては、日々をやり過ごす地獄の日々でした。簡単に安請け合いしてはいけなかったなと今でも思います。

今思い返して見れば、嫁ちゃんの悪阻が原因だったんですね。あの凄惨な表情は今思い出しても可哀想だと思います。お腹の子を育てるために食べなきゃいけないのに、作る事はおろか食べることすらままならなかったのは本当に可哀想でした。出産を終えてからはガツガツ食べれるようになったので、本当に女性の方は大変なんだなと思います。もし、現在結婚していて奥さんの悪阻がひどくて可哀想と思う方がいましたら、家事を手伝ってあげてください。ユッパは色々と継続中になっていますが、それも家族の1つの形だなって思っています。

posted by ユッパ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする