2017年07月10日

閑話休題~日本語って難しい~

今回はいつもと少し違うお話をしてみたいと思います。最近は料理ネタが多くなっていたので、料理から離れて、先日ちょっと気になったことを書きます。意外に勘違いされてる人も多いんじゃないかなと思いますので、これを機にお勉強していきませんか?

適当って言葉の意味知ってる?

皆さん、「適当」という言葉を知っていますか?そんなん知ってるよ!バカにするなと思われそうですが、意味を知っているかと聞かれたらどうですか?大半の方が間違った知識で答えてしまうのではないでしょうか?ユッパも多分間違った使い方をしていたと思います。

適当とは、ある事柄に対して、「ちょうどよく合うこと」、もしくは「ふさわしいこと」という意味なんです。皆さん、普段この意味を知ったうえで使っていますか?「○○ってどうやるんですか?」「適当にやっといて~」なんて、会話がよく飛び交うと思いますが、これは明らかに違った解釈で使われていると思います。

適当=手を抜くと思っていた方は要注意!

惰性って意味は分かる?

本来の意味をはき違えて考える人が多いであろう「惰性」。こちらも言葉は知っていても意味を知らない方は多いかも。

惰性とは、今までの習慣という意味です。最初は情熱を持って始めた習い事も、次第に熱が冷め、でもやめられない・・・惰性で続けている、なんて使われ方をよく見かけますね。

これが言いたかった「怠惰」

上記2つの言葉、「適当」と「惰性」の本来の意味を「怠惰」と勘違いしている方が多いと思います。今回の記事で言いたかったことは、これに尽きます!

怠惰とは、やるべきことをやらない、怠ける、だらしないといった意味があります。怠惰の意味は、漢字からしても何となく分かりますし、実際意味を知っている方は多いでしょう。

適当・惰性=怠惰ではない!

何が言いたかったかというと、「適当」や「惰性」=「怠惰」ではないということ!元々、意味をしっかり理解していた人からすれば、今更そんなことと思われるかもしれませんが、ユッパ的には結構驚きでした。「惰性」に関しては間違っていなかったと思いますが、適当は完全に勘違いしていました。

ユッパの職場では、よく適当という言葉が使われるのですが、何となく意味合い的に「手を抜く」という感じがするんですよね。で、調べてみたらビックリ!そんな意味はなかったんだと勉強になりました。皆さんもこういった間違った日本語を使っていたりしませんか?会話の中で相手が怪訝な顔をしていたら、会話を思い出して調べてみてください。モロ文系派のユッパが間違っていたというお話でしたとさ。
posted by ユッパ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする