2017年10月03日

ユッパが結婚してから、今もなお料理を続けている理由・・・

以前にユッパの料理との出会いや料理が趣味というお話をしましたが、結婚して仕事もしているのに、なぜ料理を続けているのでしょうか?(別に料理は女性の仕事と思っているわけではないですよ。)一時しなくなった時もありましたが、今は普通にするようになっています。それには、深い深い理由があったのです。今回はその理由についてお話していこうと思います。

ユッパの毎日の料理は嫁ちゃんの妊娠がきっかけ

タイトル通りなんですが、女性は妊娠すると「悪阻(つわり)」を引き起こしますよね。人それぞれ程度は違うと思いますが、ウチの嫁ちゃんの悪阻は凄まじく、ご飯の炊けた匂いや調味料のちょっとした匂いも敏感に感じてしまい、料理を作れる状態ではありませんでした。それを見かねたユッパが「これからはユッパが作るよ」と言って作り始めたのがきっかけです。

嫁ちゃんの料理より評価が高かった!?

ユッパは嫁ちゃんの料理が好きなのですが、子供たち的にはユッパの料理の方が良かったみたいです。作るものにもよるとは思いますが、「ユッパの料理の方が美味しい」と言われ、それを聞いた嫁ちゃんが「もう作らん!」と言って本当に作らなくなりました。ユッパ的には嫁ちゃんのご飯も食べたいんだけどなぁ・・・。

意外とめんどくさい毎日の献立

ユッパ家は現在でこそ8人家族ですが、当時は6人家族でした。小中学生の子供が4人いるというのは、かなり厳しいもので、料理もさることながら量も気にしなければいけません。今はスマホで調べれば簡単に色んなレシピを見ることができますが、あの頃はガラケーが主流で今ほど充実したものはありませんでしたよね?実家の母親や職場のお姉さま方に聞いては、日々をやり過ごす地獄の日々でした。簡単に安請け合いしてはいけなかったなと今でも思います。

今思い返して見れば、嫁ちゃんの悪阻が原因だったんですね。あの凄惨な表情は今思い出しても可哀想だと思います。お腹の子を育てるために食べなきゃいけないのに、作る事はおろか食べることすらままならなかったのは本当に可哀想でした。出産を終えてからはガツガツ食べれるようになったので、本当に女性の方は大変なんだなと思います。もし、現在結婚していて奥さんの悪阻がひどくて可哀想と思う方がいましたら、家事を手伝ってあげてください。ユッパは色々と継続中になっていますが、それも家族の1つの形だなって思っています。

スポンサーリンク



posted by ユッパ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク