2017年10月23日

ユッパ家に猛威を振るった台風21号

もうすぐ11月になろうかというのに台風が発生し、結構な被害がもたらされましたね…。ユッパの家も壊滅的とまではいかないまでも、結構な被害を受けました。今回の台風でショックを受けたのはユッパではなく嫁ちゃんです。今回はそんな嫁ちゃんの話をします。
前日の夜から雨と風が激しく、ユッパの住んでいる地域は避難勧告が発令されました。そこそこ大きい台風が来ると毎回発令されますが、1度も避難したことはありません。大した被害に遭ってないのが原因かもしれませんが…

とりあえず今回も避難はしなかったのですが、雨や風の音が激しくなかなか寝つけませんでした。それでも人は眠ってしまうもの…気付いたら朝になってました( 笑 )しかし、外を見てみると快晴で、「今回も何とかしのげたなぁ」とりあえず思っていたのですが、ふと横を見ると、嫁ちゃんが頑張ってDIYした倉庫が崩れています…

そこには、娘の原付やら息子の自転車が保管されていたのですが、屋根は飛び、柱は倒れかかっているという惨劇…それを見た嫁ちゃんは打ちひしがれています。速攻資材を買いに行き直す予定でしたが、嫁ちゃんまさかのぎっくり腰…ユッパは不器用なので直せずという事態に…

それでも応急処置はせねばということで、大きなブルーシートを買ってきて不格好な雨避けをユッパが作りました。嫁ちゃんは納得いかない顔をしていましたが…

ここ数年の台風の中で1番大きな被害を受けましたが、とりあえず誰も怪我などをしていないのが幸いでした。嫁ちゃんはぎっくり腰になったけどね( 笑 )

この記事を執筆中はどこを通過しているのか分かりませんが、皆さんの地域も大きな被害が出ないことを祈っています。
posted by ユッパ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

昨日の続き~子育てって難しい~

前回は、息子が嘘をついていたということをお話ししましたが、嘘をつく子供って多いですよね。自分の欲求が先に来ちゃって、やりたくないことを後回しにする・・・大人になってくるとそれが無駄ということに気付くんですが、子供にはまだまだそれが分からないんですよね。実際、自分が子供だった時代もそんな感じだったと思いますし。さて今回は前回の続きとなります。

今後の課題

嘘をつき楽をしていた息子。しかし、ウチの息子が通っている小学校は何かあるとすぐに連絡してくるので、ズルをしたところですぐに親の耳に入ってきます。ひとしきり宿題は終わらせましたが、息子にとって厳しい条件を出しました。

1.ゲーム1ヶ月禁止(TVゲームもスマホも)
2.帰ってきたら、宿題と明日の予定をホワイトボードに書く、終わったものから消していく
3.上2つを破ったらご飯無し!

この中で本人的に厳しいのは、1のゲームでしょうね。ユッパの血を引いているのでゲームの取り上げはかなり堪えると思います。実際、ここ2日間は死んだ魚のような目をしていますから。この状況がいつまでも続くと困るのか、2の課題はしっかりやっています。3の課題に至っては、本当にご飯を抜くと虐待と言われかねないので、与えるには与えますが制限を掛けるつもりです。いつまで続けられるか分かりませんが、破れば破る分だけ枷は増えると伝えているので大丈夫でしょう。

子育てって難しいですね・・・

タイトルにも示したように子育てって難しいですよね。自分が親にされてきたことをしたところで聞くわけでもないし、兄弟姉妹で変わってくるし何が何だか・・・。ウチは手のかかるのが一番下の子だけになったのでまだ楽ですが、上の兄弟が多いとそれはそれで面倒なんですよね。いらない知識を植え込むし・・・そのせいで保育園の先生から子供らしくない発言ばかりすると怒られたり。未だに同学年の子と比べてみてもちょっとおかしいなという部分が見え隠れしています。将来が恐ろしい。なるべく修正しようと思いますが。

1つ上のステップへ

この話は息子のことと関係ないのですが、ユッパの仕事が1つ上のステップへと進むことができそうです。まだまだ分からないことも多く、勉強する日々ですが、これを機に少しずつ色んなことを覚えていきたいと思います。

子供のこと、自分のこと、家族のこと・・・考えることが多くて大変ですが、家庭を持っている人は誰もが持ち続ける永遠のテーマなので、悲観することなく邁進していきますので、引き続きお付き合いしていただけると幸いです。
posted by ユッパ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

学校からの電話・・・その内容とは?

最近、忙しいんだか忙しくないんだかよく分からないまま日々を過ごしているユッパです。たぶん忙しいんだとは思いますが、いろいろなことにモチベも成果も上がらずやきもきしています。そんな折、ふとなる電話・・・この時間にかかってくる電話と言えば、学校からしかない・・・。嫌な予感が・・・。今回はそんなお話です。

予感的中!小学校からの電話

夕方5時付近にウチにかかってくる電話はほぼ小学校からの電話と相場が決まっています。大体は忘れ物が多いとかそんな話なんですが、今回はちょっと違いました。最初は娘2号が対応していたのですが、雲行きが怪しくなっていたのでバトンタッチ。そこで衝撃の事実を知るのです。

先生からの衝撃の一言

「ユッパの息子さんがここ4日位宿題を提出していないんですけど・・・」これを聞いた時まさか!?と思ったんです。いつも学校から帰ってすぐに宿題をやり(別室ですが)終わったからゲームするねと言っていたのに、やっていなかったとは。確認していなかったユッパや嫁ちゃんも悪いのですが、散々おやつやゲームをむさぼっておいてやってないなんて信じたくありませんでした。

息子に確認すると「やってない」の一言。怒りを通り越して情けなく思えたのですが、まだ電話中だったので対応すると、「私が聞いたら、やってあるけど持ってくるのを忘れた」といつも言うそう。人にいい顔したい子なので間違いなく嘘ですと答えたのですが、先生は信じてるの1点張り。まぁ、いい先生なんだろうし、先生はこう答えるしかないよねと思いながら電話を切りました。ここから息子の地獄が始まります。

何も答えない息子

「なぜやらなかったのか?」に対しては全くの無言。「嘘をついたことは悪くないのか?」に対しては「悪いと思う」と答える。ただ、話はここでストップ・・・。その後は何も言葉を発することなくただうつむくだけ。言ってはいけない言葉だと思うけど、ユッパの口から出た言葉は「嘘をつく子の顔なんて見たくないから、2度と顔を見せないで!それと2度と話しかけないで」息子は泣きながら部屋を出ていき、その日はそれ以降顔を見ることはありませんでした。

次の日は学校を休ませる

次の日は学校を休ませました。理由は宿題を全てやらせるため。自分が嘘をついたことでどれだけ損をするか分からせるために、朝昼のご飯は無し、終わっていないのであれば夜もなしとだけ伝えると必死に取り掛かりましたが、すぐにだらける。とにかく集中力がないんですね。

さすがに本人も反省しているのか、文句も言わずやっていましたが、見ている限りでは4日程度の宿題量とは思えません。ずいぶん前から嘘をついて楽をすることを覚えていたようですね。

少し長くなってきたので、この続きは明日にします。皆さんのお子様もこんなことがあったりしませんか?もしあったら、そんな時はこんな対応をしたよって教えていただけると助かります。

posted by ユッパ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク