2017年06月27日

HAPPY BIRTHDAY!Dear愛息子♪

1年で1番大切な日がやってきました。ユッパの名前の由来にもなった三男坊の誕生日です。産まれた当初は色々とあったので、この子は長生きできないんじゃないかと思ったりもしましたが、気付けば早9歳!ユッパも嫁ちゃんも年を取るわけだ・・・。三男坊が生まれた時、本当に色々とあったもので、ユッパと嫁ちゃんは気が気じゃありませんでした。このお話はいつかしようと思います。では、今回はユッパ家一大イベントである三男坊の誕生日のお話です。特に大それたこともしていませんが、少しの間お付き合いください。

毎年悩むプレゼント選び

子供の誕生日を迎えるにあたって、親として悩むのはプレゼント選びではないでしょうか?年齢も徐々に上がってきてやれることが増えてくると、より一層悩むことと思います。ウチの三男坊は、兄弟と年齢が離れているせいか、同学年の他の子に比べてちょっと進んでいます。保育園の頃とか、みんながアンパンマンとかにハマっている中、銀魂やナルト、フェアリーテールなど、小学生高学年くらいから読み出しそうな漫画を好んでいました。そのせいで保育士さんからは「もっと子供が楽しめそうなものを見せてあげてください!」なんて怒られることも・・・。

そんなこともあって三男坊のプレゼントは本当に困りました。このくらいの年の子にはゲームでもあげておけばいいんじゃないかと思ったんですが、いつもすぐに飽きて床に捨てられているのでゲームは却下。実際以前に3DSを与えた時は、3日くらいで床と同化していました。

色々悩んだ挙句、ウチに使っていないパソコンがあったので、そちらをあげることにしました。本人曰く「Youtube」を見るそうです。ユッパたちも時代が違えば、こんなことを言う子供になってたんでしょうかね。今年は安く済みましたが、来年は更にハードルが上がっているので、次の誕生日が訪れることに怯えています。

ケーキはユッパ特製チーズケーキ

誰かの誕生日になると毎回任されるケーキ作り。ケーキ屋さんで買ってお祝いってのもいいんですが、家族曰くケーキ屋さんのケーキは高いだけで美味しくない!とのこと。なので毎回ユッパが作っています。難しいケーキはウチの設備じゃ無理なので簡単なチーズケーキだけです・・・。ちなみに嫁ちゃんはチーズケーキがあまり好きではないので、焼く前段階のレアチーズをお渡ししています。

ユッパのウチは社会人から高校生、小学生と幅広い年齢層の子供たちが居るので、基本的に誕生日会は土日にやるのですが、ケーキだけは当日に作って食べます。やはり子供のうちはケーキ食べたいですからね。口の周りに食べカス付けながら食べる姿は行儀が悪いと思いながらも可愛いですね。なんでも許しちゃうくらいのいい笑顔をします。後でしっかり叱りますがね。

ユッパのキャラメルチーズケーキレシピ

材料・・・クリームチーズ200g、砂糖80g、卵2個、小麦粉10g、生クリーム200㏄、キャラメル5個、レモン汁適量

作り方

1.クリームチーズを滑らかになるまで混ぜます。(事前に常温に戻しておくと楽です。急な場合はレンジで30秒ほどチン!)
2.砂糖を少しずつ加えながらクリームチーズと混ぜ合わせます。
3.卵を卵黄と卵白に分け、卵黄とレモン汁をクリームチーズに入れて混ぜます。
4.生クリームを少しずつクリームチーズに入れて全量混ぜます。
5.卵白に砂糖を少し入れメレンゲを作ります。(しっかり角が立つまで)
6.クリームチーズにメレンゲを入れて、潰さないようにさっくり混ぜます。
7.型に流し入れ、小さめに切ったキャラメルを適当に散らし、空気を抜くため少し高いところから落とします。
8.170℃のオーブンで40分焼きます。
9.粗熱を取り、ある程度冷えたら冷蔵庫で数時間冷やします。(5時間以上推奨)

ユッパのチーズケーキは大体こんな感じです。その時々でビスケットで土台を作ったり、デコレーションをしたりしますが、今年はこの作り方で作りました。簡単に作れて、ちょっとアレンジしたら味も見た目も変えられるユッパお得意のチーズケーキの作り方、まだ作ったことがない方は本当に簡単なので試してみてくださいね。
posted by ユッパ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ユッパが結婚してから、今もなお料理を続けている理由・・・

以前にユッパの料理との出会いや料理が趣味というお話をしましたが、結婚して仕事もしているのに、なぜ料理を続けているのでしょうか?(別に料理は女性の仕事と思っているわけではないですよ。)一時しなくなった時もありましたが、今は普通にするようになっています。それには、深い深い理由があったのです。今回はその理由についてお話していこうと思います。

ユッパの毎日の料理は嫁ちゃんの妊娠がきっかけ

タイトル通りなんですが、女性は妊娠すると「悪阻(つわり)」を引き起こしますよね。人それぞれ程度は違うと思いますが、ウチの嫁ちゃんの悪阻は凄まじく、ご飯の炊けた匂いや調味料のちょっとした匂いも敏感に感じてしまい、料理を作れる状態ではありませんでした。それを見かねたユッパが「これからはユッパが作るよ」と言って作り始めたのがきっかけです。

嫁ちゃんの料理より評価が高かった!?

ユッパは嫁ちゃんの料理が好きなのですが、子供たち的にはユッパの料理の方が良かったみたいです。作るものにもよるとは思いますが、「ユッパの料理の方が美味しい」と言われ、それを聞いた嫁ちゃんが「もう作らん!」と言って本当に作らなくなりました。ユッパ的には嫁ちゃんのご飯も食べたいんだけどなぁ・・・。

意外とめんどくさい毎日の献立

ユッパ家は現在でこそ8人家族ですが、当時は6人家族でした。小中学生の子供が4人いるというのは、かなり厳しいもので、料理もさることながら量も気にしなければいけません。今はスマホで調べれば簡単に色んなレシピを見ることができますが、あの頃はガラケーが主流で今ほど充実したものはありませんでしたよね?実家の母親や職場のお姉さま方に聞いては、日々をやり過ごす地獄の日々でした。簡単に安請け合いしてはいけなかったなと今でも思います。

今思い返して見れば、嫁ちゃんの悪阻が原因だったんですね。あの凄惨な表情は今思い出しても可哀想だと思います。お腹の子を育てるために食べなきゃいけないのに、作る事はおろか食べることすらままならなかったのは本当に可哀想でした。出産を終えてからはガツガツ食べれるようになったので、本当に女性の方は大変なんだなと思います。もし、現在結婚していて奥さんの悪阻がひどくて可哀想と思う方がいましたら、家事を手伝ってあげてください。ユッパは色々と継続中になっていますが、それも家族の1つの形だなって思っています。

posted by ユッパ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

ユッパの中で話題沸騰中!!「調味の素」の味とは?

前回お話ししたデラックス醤油こと「調味の素」。何に使おうか悩んでいましたが、遂にデビューしたので、今回は、調味の素を使ったレシピを覚書とともに紹介してみようと思います。あっ、レシピと言っても分量等はいつも適当なので、何を入れたかって程度のレシピとなります。

オクラの梅和え

ユッパはオクラが苦手なので食べられませんが、家族が大好きなのでしぶしぶ調理しています。苦手なものってなかなか調理しにくいですよね。オクラは調理と呼べるほどの工程はないですけどね。で、ウチのオクラ料理はスライスしたオクラに梅と醤油を混ぜるだけという簡単なお仕事。普段は普通の安い醤油を使うんですけど、ここにデラックスな醤油・調味の素を入れてみた所「美味い!でも梅の風味が強くて醤油の味がよく分からない」(嫁ちゃん談)

嫁ちゃんの舌はアテになりませんでしたが、普段より多めに作ったオクラがあっさりカラになったので美味しかったのではないかと推測しています。

オクラの梅和え・・・オクラスライス、梅(チューブでも梅干しでもOK)、醤油orポン酢(よりさっぱり食べたい時はポン酢をチョイス)

なんちゃって上海焼きそば

個人的には焼きラーメン的な感じで作ったんですが、嫁ちゃん的には上海焼きそばっぽいらしいので、そんな感じのネーミングにしてみました。まずはごま油で野菜を炒め、創味シャンタンを溶かし、麺を投入してほぐしてから調味の素をイン!こちらもやはり普段は安い醤油を使うのですが、調味の素を使ってみました。

いつもなら普通に美味しいねって言われるんですが、今回は上海焼きそばっぽいという感想をいただいたので、いつもと違う味というのがお分かりいただけたと思います。実際、ユッパも食べてみたんですが、確かにいつもと違う味で美味しかったんですよ。味を殺すも活かすも調味料次第というのを実感した日でした。

なんちゃって上海やきそば・・・ネギ、焼きそば、創味シャンタン、調味の素、塩コショウ

今回は、いつも作っている料理の醤油を変えてみただけですが、そこそこ味の違いが実感できた気がします。まだまだ試してみたい料理はあるのですが、複雑な料理になればなるほど本来の味が薄れてしまう気がするので、今度はもっとシンプルな料理で試してみようと思います。ユッパのこの日記を読んで「調味の素」が気になった方は、通販等にも対応しているのでぜひ試してみてください。明日は冷ややっこにでもかけてみようかな~?
posted by ユッパ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする