2017年06月09日

ユッパ少年時代~将来の夢~そして伝○へ・・・

しばらくの間、旅行に関する話題が続いたので、少し話をそらして、今日はユッパの少年時代、主にゲームについてお話していこうかなと思います。

ユッパの将来の夢はゲーム業界だった!?

以前の記事でユッパが昔「ゲーム少年」だったというお話をしました。今振り返ってみても3度の飯よりゲームが好きだったんじゃないかと思うくらいゲームにハマっており、そんな子供時代を過ごしていたので、将来の夢は必然的に「ゲームを作る事」だったんです。小・中学生時代は「ドラクエ」、「ファイナルファンタジー」、「サガシリーズ(ロマンシング・サガを含む)」を好んでプレイしていました。(現在のスクエニだらけですね・・・。)

ゲームをプレイしながら、「いつかこんなゲームが作れたらいいなぁ」と思うようになり、自分のできる範囲でゲーム業界について調べていくようになります。今と違ってインターネットが普及していなかったので、本屋で立ち読みしたり、ゲームに関する雑誌を買ったりしていました。

学校で友達と「昨日出たゲームどこまで進んだ?あっ、先は言うなよ」なんて会話は昨日のことのように思い出されますが、1人だけゲームを楽しんでいる視点が違うような孤独感を覚えたこともあります。中学を卒業する頃には、将来の夢が「ゲーム業界に入ること」で定着し、卒業文集にも書きました。ある意味自分を追い込んで、絶対に達成するんだという強い意志を持っていたんですね・・・あの頃は(笑)

高校は進学校を選んだにもかかわらず、大学には行かず専門学校に行くことを決意していた為、先生からは「何故ウチに来たの?」なんて罵られることも。それでもめげずに専門学校へ行ったわけですが、そこで初めて挫折を味わいます。

高い入学金や授業料を払ってもらい、さぁここから始まるんだ!と意気込んでいったものの、周りとのレベルの差が目立ち始めます。どの授業も真剣に取り組んでいたのですが、成績は中の下・・・段々と自信を無くし、授業にもあまり行かなくなり、地元に強制送還です。

今思うと努力が足りなかったのと、ただゲーム業界に入りたい!という情熱だけで入れるんじゃないかと言う驕りもあったと思います。皆さんはユッパのように勘違いや挫折を味あわないでくださいね。

情熱が夢へと届く近道だと思いますが、それだけでは届かないんだよというお話でした。ユッパはもう一度やり直す!という年齢でもなくなってしまったので、夢半ばで別の道を進みますが、今もし燃えている何かがおありでしたら、その燃えている物に向かって火を消すことなく努力し続けてください。その努力は決して無駄になりませんよ。
posted by ユッパ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

旅行費用を抑える為の車中泊。必要な物って何?

前回、前々回と「旅行費用を抑える為」について書いてきました。どうやって旅行費用を抑えているのかは分かっていただけたと思いますが、その「車中泊」に必要な物って何なんでしょうか?今回は、そんな疑問にお答えしていこうと思います。

車中泊に必要な物

①自家用車

えっ?そんなん当たり前じゃん!って思いますよね。これがないと「車」中泊になりませんからね。で、気になる車種なんですが、実は何でもいいんですよ。大きければ大きいほど中が広いので、ワンボックス車やキャンピングカーなどがおすすめですが、大きい車を持っていない方もいますよね。実際ユッパたちもステーションワゴンでやっているので、車種は特に問題ではありません。軽だとちょっと狭すぎるかもしれませんが…。

②タオルや着替え

車中泊でもお風呂には入りたいですよね。そこで必要になってくるのがタオル。別に入浴施設で購入してもいいんですが、1枚100円以下で手に入るのに150円とか200円とかもったいなく感じるので、ユッパたちはいつも持参しています。(ただのケチですね…。)
あと着替え。コインランドリーを利用するにしても最低1枚は替えの服が必要になるので、これも必須アイテムとなります。服を持っていきすぎると荷物になって場所を取るので最低限で大丈夫です。

③携帯充電器

ユッパの車にはナビが付いていないので、スマホのナビだけが頼りです。スマホナビを付けっぱなしにしているので電池消耗が激しい激しい。ユッパのスマホ、嫁ちゃんのスマホ、タブレットと最低3つは充電器を持っていきます。

④車載用インバーター

車の中でコンセントが仕えるようになるアレです。ユッパたちは仕事でノートパソコンを使用しているので、コンセントが使えるのと使えないのとでは大きく差が出てきます。

⑤車で寝る時用の布団類

寝るときは基本的に後部座席を倒してフラットにしますが、床が固いんですよね。そのまま寝るのは苦痛なので、敷布団と、朝冷えたら困るので掛け布団or毛布を持っていきます。敷布団があるかないかで寝覚めがグッと変わります。

⑥寝る時に車外から中を見えなくするカーテン類

これは間違いなく必須です。人が多いところでも少ないところでも中は見られたくありませんし、外から見て寝ていると分かったら、何をされるかもわかりません。なので、目くらましは絶対に必要です!

いつも必ず持っていくのはこのくらいでしょうか?これが多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだと思います。別にこれらを持って行かなくても現地調達できますし。これ以外に欲しいものがいっぱいあるんですけど、それらの購入はまだまだ先になりそうです。
posted by ユッパ at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

宿泊先の旅行費用を安く抑える為に!?

前回、旅行費用を安く抑える為に、ユッパたちが旅行をするときは車で移動すると言いました。しかし、旅行費用を節約している方法はまだまだあるんです!今回は移動費用以外の節約方法をご紹介しますね。

宿泊先は車orビジネスホテル!

以前に、宿泊先にホテルや旅館を使わないということを書いたと思いますが、ユッパたちは主に車で宿泊しています。今まで車で寝泊まりした所は、静岡、福井、石川(能登半島)、滋賀の4県で、いずれも「道の駅」にて宿泊。

今や全国各地にある道の駅ですが、非常に便利ですよね。普通の観光でも、郷土のお土産が買えたり、ちょっとした休憩ができたりと至れり尽くせり。何回か車中泊を繰り返すうちに、同じ目的を持って行動してる人がいることが以外多いことに驚きました。特に定年退職をされたご年配の方が多いのですが、ユッパたちもその1組(笑)

ユッパは人見知りなので、あまりないのですが、ユッパの嫁ちゃんは「誰とでも友達みたいになっちゃう」特性を持っているので、現地の人たちや車中泊をしている方々から、有益な情報をゲットしてきます。それが次回の車中泊に活かされてくるので、大したもんです。(夫の苦労、嫁知らずですね・・・)やっぱり今は情報社会なんだなぁと、しみじみ思います。ユッパも人見知りを克服したいですね。どなたか人見知りを克服する方法を教えてください(笑)

車中泊できないエリアもある!?そんな時は…

道の駅があるなら、日本全国どこでも車中泊できるんじゃないかと思っていたんですが、エリアによっては車中泊を禁止している所があるんです。それが今回の旅行で行った東京で、理由は色々ありますけど、「治安」が一番の理由となっています。

事前にその情報を仕入れていたので、どうしようか悩んでいましたが、車で泊まれないなら安いホテルを探せばいいんじゃない?ということで、「ビジネスホテル」を予約することに。早期割引もありますが、当日割なんてのもあるので、そちら狙いで予約をします。ホテル側も空き部屋を作りたくないので、結構格安な金額を提示してくるんですよ。食事なしを選択すれば本当に安くなります。

なので、いきなり車中泊は敷居が高いなぁと感じる方は「ビジネスホテル」を利用してみてください。旅館やホテルの食事や入浴施設がお好きな方にはお勧めできませんが、観光しながら外で食事をする、銭湯や温泉施設を探して入浴するのがお好きな方にはお勧めです。宿泊費用が安い分、自分好みの贅沢ができるようになると思いますよ。

今回の記事(車中泊&ビジネスホテル)を要約すると、

メリット

・宿泊費用が安い!
・浮いたお金を他に回せる

デメリット

・人がよく出入りする所での寝泊まりが不安

こんな感じでしょうか?
観光する目的は人それぞれなので、一概にこうしたらいいよと言うことは出来ませんが、もしユッパたちと同じような考えをお持ちなら一度「車中泊」や「ビジネスホテル」を体験してみてください。ホテルや旅館の「おもてなし」は魅力なのですが、やっぱり料金が気になってしまうんですけど、そこが安く抑えられると緑がもっと楽しくなると思いますよ。
posted by ユッパ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする